MDとスポーツドリンクはどちらが良いのか? | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

マルトデキストリン スポーツドリンク 飲料

MDとスポーツドリンクはどちらが良いのか?

マルトデキストリン(MD)とスポーツドリンクはどちらが良いのか、その性質とコスパを念頭に置きつつ、比較してみました。

果糖ブドウ糖液糖の「ポカリスウェット」。

果糖ブドウ糖液糖の「ポカリスウェット」。

スポーツドリンクで代表的なものといえば…

単純に「スポーツドリンク」と書いていますが、代表的なものといえば、「ポカリスウェット」や「アクエリアス」があります。以下の公式サイトで確認できますが、この2つはどちらも「果糖ぶどう糖液糖」と書かれています。リチャード・ジョブズ風に言うなら「砂糖水」というわけであり、炭酸飲料のコーラも同様になります。

ちなみにアクエリアスの方はBCAAも含まれています。

格闘漫画にも出てくる「果糖水」

『グラップラー刃牙』第一巻より。

『グラップラー刃牙』第一巻より。

『刃牙』第184話より。

『刃牙』第184話より。

格闘漫画で有名ですが、マラソン選手が酸抜きのコーラ(果糖ぶどう糖液糖)を飲んでいることや酷使した身体のために果糖水を摂取する話があります。いわゆる砂糖水の有効性を主張していることになるのですが、マルトデキストリンでも悪くない(?)気がします。

性質はほとんど同じ、どこが違うのか?

ポカリやアクエリアスとマルトデキストリンはどう違いがあるのか疑問が湧くかもしれません。

ポカリやアクエリアスは基本的に果糖ブドウ糖液糖を原料とした飲料水で、マルトデキストリンの場合だとブドウ糖をメインとしたもので、果糖が含まれているか否かということになりますが、基本的な性質に関してはそれほど違いはなく、飲んだ感想としてはマルトデキストリンより甘い印象があります(効果については違いあり、後述)。

最終的にどちらが良いかに関しては、好みによりますが、やはりコスパを考えるとペットボトルで購入するよりはマシな気がします(コスパについては後述)。

もしも、ポカリとプロテインとを合わせて飲んだとすれば、プレーン味でない限り、かなり甘くなってしまいます。マルトデキストリンはブドウ糖よりも甘味が少ない感じがするので、飲みやすくなる気がします。

個人的にはプロテインとポカリを混ぜて飲む気になりませんが、BCAAやグルタミンぐらいなら良いかもしれません。

コストパフォーマンスについて考えてみる。

MDは基本的に2kg単位で販売されていることが多いです。1回当たりの分量を40gと考えると2kgで50回分ということになります。

小型ペットボトル500mlは水の場合だとコンビニで100円以下ですが、2Lで80円くらいのものを使えば20円くらいで済みます。スクイズボトルで飲む場合は、当然1Lになるので、水の単価は40円くらいになります。更に40g当たりの単価を見ると次のようになります。

  • ビーレジェンドMD:2,980 円 ÷ 50 = 59.6 円
  • アルプロンMD:2,300 円 ÷ 50 = 46 円

これらを計算すると、「MD+500mlの水」がだいたい80円くらいになることになります。スーパーでポカリ500mlがそのくらいで販売されていたりしますが、使用する水の量が多いほどスーパーでスポーツドリンクを買うよりMDの方がマシということになるかもしれません。

2Lの値段。 某スーパーにて。

2Lの値段。
某スーパーにて。

ペットボトルの価格も都市部と地方では違いがあったりするので、その点は確認しておくべきでしょう。関東ではポカリやアクエリアスを買うよりもMDの方が現状としてはリーズナブルな印象がします

なお、マルトデキストリンを飲む時はシェイカーよりもスクイズボトルが良いのは言うまでもありません。また、プロテインと合わせて飲みたいのであれば、マルトデキストリン入りのプロテインもあるので場合によってはそれを検討するのもアリでしょう。

追記:「果糖」は効果的ではない?

果糖に関して興味深い研究報告がありました。「超回復」に関する記事にも書いていますが、スポーツにおいてグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)でパフォーマンスの違いを検証したところ、いわゆる追い込み段階でその違いが表れたというものです。いくつか調べてみましたが、糖質の摂取で一番効果的なものはグルコースであると結論付けているものばかりでした。

このことから果糖ぶどう糖液糖よりもマルトデキストリン飲料の方がその効果を期待できる可能性が高いです。欲を言うのであれば糖質配合のプロテインの方が更に効果が期待できることも分かっています。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。