ライザップスタイルプログラムに含まれるドリンクを飲んでみました。 | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

ライザップスタイルドリンク

ライザップスタイルプログラムに含まれるドリンクを飲んでみました。

「結果にコミットする」というフレーズで有名なライザップが自宅用の定期プログラムセットを販売していますが、その中に「ライザップスタイルドリンク」というものがありましたので、具体的に取り上げてみたいと思います。

RIZAP STYLE(ライザップスタイル)

ライザップスタイルドリンクについて

公式サイトよりその特徴を簡単に挙げると次のようになります。

運動サポート

  • たんぱく質3種類
  • ペプチド2種類
  • BCAA
  • ビタミン11種類
  • ミネラル9種類
「運動サポート」とありますが、これはワークアウト(筋トレ)を続けやすくしたり、運動後の筋損傷対策として重要になります。更に次の「食事サポート」は低糖質・高たんぱく食を目標としたものになっています。

食事サポート

  • 低糖質9.1g以下
  • 高たんぱく質22.4g
  • めざし約13匹分のカルシウム
  • レタス約3個分の食物繊維

このような形で紹介されており、食物繊維やビタミン、更には低糖質である点を踏まえると通常のプロテインとは異なるのがわかります。分量に関しては1杯で450gとなっており、フレーバー数は飽きないよう5種類も用意されています。いわゆるミールリプレイスメントの一種だと考えてよいでしょう。

また、ライザップが推奨する食事スタイルとして「低糖質・高たんぱく食」と書かれていますが、ライザップに限らず、この点を強調しているところは少なくないです。

原材料一覧を見てみる。

公式サイトでは原材料について次のように書かれています(リッチショコラ風味)。

脱脂大豆、難消化性デキストリン、ココアパウダー、乳たんぱく濃縮物、クリーミーパウダー(デキストリン、植物油脂、乳糖:乳成分・大豆を含む)、デキストリン、ドロマイト、羅漢果抽出物、乳たんぱく分解物、ローヤルゼリー、卵白加水分解物(卵を含む)、大豆ペプチド、…省略…、ビタミンC、L-グルタミン、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロシン、L-アルギニン、グルコン酸亜鉛、…以下省略

たんぱく質3種類と書かれていますが、「乳たんぱく濃縮物」や「乳たんぱく分解物」はミルクを、大豆ペプチドは言うまでもなく大豆を、残り1つに関しては卵白加水分解物で卵をベースにしたものになります。

乳たんぱく濃縮物はプロテイン業界(?)では「WPC」、乳たんぱく分解物は「WPH」と呼ばれるものに相当します。卵白加水分解物は非常に珍しいですが、海外だとエッグプロテインと呼ばれる製品が販売されています(日本にはない)。

ペプチド2種類は少しわかりにくいかも。

ペプチド2種類と書かれている部分に関してはちょっと不可解な部分があります。というのも「加水分解物=ペプチド」と捉えてよく、そうなると、乳たんぱく質分解物、卵白加水分解物、大豆ペプチドで計3種類となり、ペプチド2種類がどれを指すのか分からなくなるからです。

ホエイペプチドと加水分解ホエイプロテインは果たして同じものであるかどうかは現時点ではイマイチはっきりできない部分がありますが、仕方ないかもしれません。

カップラーメンにも取り入れられている「難消化性デキスリトン」

ライザップのカップラーメン

難消化性デキストリン」はこのサイトでも取り上げていますが、女性向けのスムージーでも頻繁に見かけます。トクホにも指定されるほどのもので、ライザップのカップラーメンにも汁に取り入れられており、他ではゴールドジムのミールリプレイスメントにも含まれています。

「結果にコミットする」を売りにするライザップには必要不可欠なものと言えるでしょう。

気になる「BCAA」の量について

運動をサポートするものとしてBCAAは確かに必要不可欠なものですが、栄養成分表示を見てみると意外と少ないことがわかります。

リッチショコラ味 ジューシーストロベリー味 抹茶ラテ味 バナナオレ味 カフェマキアート味
グルタミン
アルギニン
バリン
ロイシン
イソロシン

スポーツドリンクで有名なアミノバリューの公式サイトでは、運動前のBCAA摂取量は最低でも4000mgは必要であると解説しています。それに全く及ばない印象がありますが、こういった点からもミールリプレイスメントの側面を強く感じます。

グルタミンについて

グルタミンは点滴にも使われています。特に外科手術後は免疫機能が低下するためです。スポーツの場合だと激しい運動をした後は免疫力が低下することからワークアウト後にプロテインやBCAAと合わせて飲むケースが多いです。

アルギニンについて

身近なものだと、エナジードリンクのレッドブルにも使われています。レッドブル以外だとスポーツドリンクのエネルゲンやアミノバリューがあります。運動前に摂取るのが好ましいとされており、他にも成長ホルモンの分泌に影響を与えるものとして知られています。

ロイシンについて

BCAAの中では筋力をアップさせるために重要なものとして知られています。特にロイシンの代謝物であるHMBはスポーツサプリメントでも大いに注目されており、HMBサプリが多く出まわるようになっています。


類似品はあるのか?

ゴールドジムのMRP

ローカーボ・ウルトラメット

特に注目したいのは低糖質であるという点で、これを踏まえるとライザップスタイルドリンクに近いものはチャンピオンのローカーボ・ウルトラメットかもしれません。ただ、チャンピオンの場合は難消化性デキストリンが使われていません。となると、ゴールドジムのミールリプレイスメントとチャンピオンのローカーボ・ウルトラメットが上手いことミックスされたようなものと言えそうな気がします。

飲み方・料理レシピにも注目したい

気になる飲み方については次のように書いてありました。

運動後や日頃のお食事の代わりとして、1日1食程度を目安にお召し上がり下さい。

通常のプロテインのようにガンガン飲むことを前提としているものではないことが分かります。もちろん、このライザップスタイルドリンクだけでなく、筋肉がつき痩せやすくなるための低糖質・高タンパクの料理レシピが付いています。肝になる部分はこのドリンクよりも料理レシピにあるとみて良いでしょう。どんな料理があるのか是非見てみたくなります。

RIZAP STYLE(ライザップスタイル)


おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。