ライザップのカップラーメンを食べてみました。 | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

ライザップ 明星食品 カップラーメン

ライザップのカップラーメンを食べてみました。

ファミリーマートに行った所、「結果にコミットする」というフレーズで有名なライザップとインスタントラーメンで有名な明星がコラボで開発したカップラーメンが販売されていました。面白そうな商品だったので購入してみました。どちらも200円位で購入できます。

ライザップと明星のコラボ商品

『RIZAP 辛味噌ラーメン』

辛味噌の栄養成分表示

辛味噌の原材料一覧。

糖質の量が通常のカップ麺と比較して半分となっています。原材料を見る限り、糖質量を減らすことが可能になったのは麺に「植物性たん白」が使われているからと考えてよさそうです。

食べてみました。

かやく等があります。

完成。

中にはかやくなどが入っていました。生姜(後述)と比較すると作るのに少し手間がかかる印象です。量はそれほど多くないので昼食として食べるのなら、他におにぎりなどを買うなどした方が良いかもしれません。

『RIZAP 生姜醤油ラーメン』

生姜醤油の栄養成分表示。

生姜醤油の原材料一覧。

この生姜醤油の原材料を見てみると、辛味噌と同様、麺に「植物性たん白」が使われています。更に見てみると、スープの原材料には「難消化性デキストリン」と書かれていることがわかります。

原材料に難消化性デキストリンが含まれています。

辛味噌の方には使われていませんでしたが、生姜醤油の方はトクホでも有名な難消化性デキストリンが含まれていました(スープの方)。難消化性デキストリンの特徴を簡単に挙げると次のようになります。

  • 食後の血糖上昇やインスリン分泌を穏やかにする
  • 食後中性脂肪の上昇を穏やかにする
  • 中性脂肪、コレステロールを低下させる
  • 内臓脂肪の蓄積を低減する
  • おなかの調子を整える
  • ミネラル吸収促進

こんな感じになりますが、だからと言ってトクホに指定されているわけでもないので、あまり過度に期待はしない方が良いでしょう。カルディのアーモンドミルクと同じようなものだと思って良いです。ただ、この難消化性デキストリンが使われている点がライザップらしいところかもしれません。

食べてみました。

中の様子です。

出来上がり。

さて、肝心の味はどうかというと…、普通に美味しく食べることが出来ました。他のカップラーメンに比べて薄いような…、そうでないような…。日頃からカップラーメンを食べないため何とも言えません。生姜が含まれているので食べると少し体が暖かくなります。

生姜といえば、黒生姜であるクラチャイダムのサプリも飲んだことがありますが、これもまた体が暖かくなるものでした。辛味噌もそうですが、寒い時期にぴったりのラーメンです。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。