NOW foods「タウリン1000mg」を購入してみました。 | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

タウリン サプリメント おすすめ 人気

NOW foods「タウリン1000mg」を購入してみました。

NOWfoodsが販売している「タウリン1000mg」をサプリンクス本店にて購入してみました。サプリンクス楽天での取り扱いはなく、本店でないと購入できないものの1つです。販売されているサプリメントの中では一番売れているもののようです。

【 サプリンクス本店の割引クーポン(10%引き)が利用可能です。】
クーポンコードは「CJ2E-EG6G」です。
有効期限は「2018/01/05 23:59」まで。

10,000円以上の購入で送料無料になります(画面で確認可)。
もし、10,000円分購入すると9,000円になります。

1日3,000mg~6,000mgが必要。そもそもタウリンとは?

そもそもタウリンというとリポビタンDなど、滋養強壮ドリンクとして有名ですが、具体的な機能についてはあまり把握していない人の方が多いかもしれません。日本クリニック株式会社の公式サイトではその役割についてわかりやすく解説しています。

アルギニンシトルリンなどと同じアミノ酸の一種であり、ヤリイカやホタテ貝など魚介類や軟体動物に多く含まれているものですが、他のアミノ酸と同様、不足しがちになるものの1つです。通常販売されているドリンク剤はカフェインも入っているものが多いので夜飲むと眠れなくなってしまうこともあります。

国内外で有名なドリンク剤としてレッドブルがありますが、海外ではこれにもタウリンが使用されています。しかし、日本の場合は、薬事法の問題もあり、代わりにアルギニンが使われています。

NOWfoodsのタウリンのメリット・デメリット

通常のドリンク剤であれば、1本で100円くらいになりますが、カプセルで購入するとコスパが確実に良くなります。粉末とカプセルの2種類がありますが、後者の方を購入しています。100粒で1,280円(税込)となっており、1粒12円という計算になります。カフェインも含まれていません。

デメリットに関してはNOWfoodsに限らず、購入制限がある点は頭に入れておいた方がよいです。サプリンクス本店のページには次のように書いてあります。

タウリンを含む商品(異なるブランドでも)はお一人様1本限り(2ヶ月分)が1回の輸入可能な個数となっております。必ず個数制限をお守りください。

国産も探しましたが、量という点では外国産に劣るのが正直なところです。ちなみにチャンピオンのローカーボ・ウルトラメットにはタウリンが含まれています。

飲み方と栄養成分表示について

飲み方について。

飲み方について。

栄養成分表示。

栄養成分表示。

1粒で1000mgになっている事が書かれています。飲み方については1日に1度か2度飲むだけで良いようで、between mealsとあるので「食間」となります。食後や食前にうっかり飲んでしまいそうですが、書いてある通りにした方が良いでしょう。

カプセルは外国製なので大きめですが…

大きさを比較。ほぼ同じ大きさ。

大きさを比較。ほぼ同じ大きさ。

NOWfoods関連の商品は他にオルニチンなども購入していますが、基本的にこれらのカプセルは国産のものに比べると非常に大きいです。飲みにくいと感じる方もいるかもしれませんので、カプセルを分解して飲むのもアリです。プロテインと混ぜてみるのもよいでしょう。

大きさを比較してみて気になるのは1粒で1000mgであるという点。その割には1粒500mgのオルニチンと比較すると大きさに違いがありません。説明書きには次のようにあるので気にする必要はないようです。

This product has twice the Taurine(1,000mg) as in our regular strength product(500mg).

こちらの商品は先ほども書いたようにサプリンクス楽天では購入できないので、御注意下さい。

【 サプリンクス本店の割引クーポン(10%引き)が利用可能です。】
クーポンコードは「CJ2E-EG6G」です。
有効期限は「2018/01/05 23:59」まで。

10,000円以上の購入で送料無料になります(画面で確認可)。
もし、10,000円分購入すると9,000円になります。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。