MRMの「ナチュラルゲイナー」を飲んでみました。 | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

ナチュラルゲイナー MRM

MRMの「ナチュラルゲイナー」を飲んでみました。

MRM・ナチュラルゲイナー・1.5kg

【 サプリンクス本店の割引クーポン(10%引き)が利用可能です。】
クーポンコードは「CJ2E-EG6G」です。
有効期限は「2018/01/05 23:59」まで。

10,000円以上の購入で送料無料になります(画面で確認可)。
もし、10,000円分購入すると9,000円になります。

はじめに

サプリンクス本店にて、MRMのナチュラルゲイナーを購入してみました。MRMと言えば、BCAAがもっとも有名かもしれませんが、ウェイトゲイナーも販売しています。かつて「オールナチュラルゲイナー」という商品もあったようですが、こちらには「オール」という言葉はついていません。

「オールナチュラルゲイナー」と「ナチュラルゲイナー」ではないように少し違いがあるのでその点は頭に入れておいた方が良いでしょう。こちらを購入したサプリンクス本店では「オールナチュラルゲイナー」は販売されていないようです。人工甘味料を使っていないウェイトゲイナーであり、吸収を促進するために消化酵素が含まれている数少ないものの一つです。

「ナチュラルゲイナー」の特徴は甘味料と消化酵素にあり。

人工甘味料を使っていません。

サプリンクス本店にて購入していますが、公式ページを見てみると「人工甘味料」が使われていない旨が書かれています。原材料一覧には「TreLEAFia(トレハロース、ステビア葉エキス、ラカンカエキス)」と書かれています。

トレハロース

トレハロース」は自然界に存在する糖(二糖類)で、キノコ類に多く含まれているものです。株式会社林原の公式サイトではトレハロースについて詳しい解説があります(以下、その作用についての説明を引用)。

トレハロースは、細胞やたん白質を凍結や乾燥によるストレスから保護する作用を有していることが、多くの研究者により実証されています。また、トレハロースは昆虫の体液に含まれており、飛翔のエネルギー源としても機能しています。

市販されているトレハロースがないか調べてみましたが、今のところないようです。

ステビア

ステビアも天然甘味料として知られているものですが、スポーツドリンク関係でたまに使われているものを見かけます。実際に購入したステビア入りのスポーツドリンク製品として「クエン酸コンクSP」と「シトリックアミノプロアスリートウォーター」があります。

ステビア工業会の公式サイトでは天然甘味料としてのステビアについて詳しく解説をしています。ステビアは多年生キク科植物で154種以上あるのですが、その中で甘味料として使えるものは1種類しかないようです。

ラカンカ

スーパーでも手に入ります。

漢字では「羅漢果」と書きます。原材料表記に関しては「エリスリトール」と書くものもあります。市販されているものでは「ラカントS」というものがありますが、最近では糖質制限用の甘味料として注目されているようで、ファミマとライザップがコラボした商品(特にデザート)には原料にエリスリトールが使われています。

「ラカントS」を販売しているサラヤ株式会社の公式サイトでは、ラカンカエキスに関する詳しい解説があり、「羅漢果エキス」と「高純度羅漢果エキス」では大きな違いがある点を指摘しています。

人工甘味料を使用していないウェイトゲイナーに「フトレマックス」があります。

Dr.FutoreMax

外国産で天然甘味料を使用しているウェイトゲイナーは珍しい気がしますが、国産でもあまり見かけません。唯一「フトレマックス」がありますが、こちらはナチュラルゲイナー(WPC+WPI+カゼイン)とは異なり、ホエイペプチドがメインとなっています。非常に泡が立ちやすいプロテインです。

【ちょっと重要】消化酵素が含まれています。

原材料を見ると、Digest-All®(和名:ダイジェストオール)という名前がありますが、MRMの商品を調べてみると、消化酵素のサプリメントで同様のものがありました。消化吸収を促進するために取り入れられているようです。サプリンクス本店の口コミを見てみると書き込みが多く、相性に関しては個人差があるかもしれませんが、かなり評判が良いようです。

同様のプロテインではオプティマムの「ゴールドスタンダード100%ホエイ」があり、こちらの場合は「アミノジェン®」という酵素が使われています。

その他・原材料と栄養成分表示について

原材料について

原材料一覧

ブレンドプロテイン「Natural Protein Optimizer」

原材料の一覧にはNatural Protein Optimizerと書かれています(以下、原文と訳文)。

  1. Ultra-filtered,Low Temperature Processed Whey Protein Concentrate(milk):WPC
  2. Crossflow Microfiltered Whey Protein Isolate(milk):WPI
  3. Micellar Casein(milk):カゼインプロテイン
  4. Sunflower Lecithine & Digest-All®AP(a vegan enzyme blend):ヒマワリレシチン

サプリンクス本店での解説を調べてみましたが、次のように書いてあります。

  • 超濾過ホエイプロテインコンセントレート
  • インスタンタイズドカゼイン酸カルシウム

実際に比較してみると省略している個所もあることがわかりますが、カゼインプロテインに関しては「水に溶けやすい加工」がしてある点が興味深いところです。

使用されている糖質の種類

使用されている糖質に関してはトレハロースなどの甘味料を除いて以下の2つがあります。

サプリンクス本店の公式サイトではナチュラルゲイナーで使用している糖質については次のように解説しています。

ブドウ糖とブドウ糖が結合した95%糖質フリーのグルコースポリマー(マルトデキストリン)と安定した糖レベルが期待できる低グリセミック指数(低GI)のフルクトース、そしてトレハロースを組み合わせた特別ブレンドを配合しています。トレハロースはさっぱりとした甘味が特徴の天然糖質です。分解されるとブドウ糖になりエネルギーとして使われます。

この文章からナチュラルゲイナーに「フルクトース(果糖)」が使われていることがわかるのですが、原材料にフルクトースとは書かれていません。しかし、よーく見てみるとMonk Fruit Extractと書かれているものがあるので、これがそうなのかもしれません。

あと、マルトデキストリングルコースポリマーという名前で説明されており、なかなか参考になります。

興味深いのは糖質にオリゴ糖の1つである「イソマルトオリゴ糖」が使われていることではないでしょうか。オリゴ糖の種類はたくさんありますが、食品に使われるオリゴ糖はどれも腸内環境を良くするものとして知られています。身近なものだとヤクルト(ちょっと高めのもの)にも使われていますが、イソマルトオリゴ糖ではなく、ガラクトオリゴ糖が使われています。

「脂質」に関する解説

サプリンクス本店の公式サイトではMRM社が採用するOPTi-Fatと呼ばれる脂質ブレンドという解説をしていますが、実際のパッケージにOPTi-Fatという言葉は見つかりませんでした。MRMの公式サイトにはもしかしたら解説してあるかもしれません。

原材料一覧(パッケージの原文)のどの部分かわかりませんがヒマワリオイル、中鎖脂肪酸、オメガ3脂肪酸が使われているようです。

【重要】「オールナチュラルゲイナー」と「ナチュラルゲイナー」の違い

ナチュラルゲイナーの解説
OPTi-Fatという言葉は見当たらない。

サプリンクス本店で解説されている内容とパッケージの内容で違いがあることがわかりますが、これはもともと「オールナチュラルゲイナー」という商品だったためです。現在は「ナチュラルゲイナー」という商品名になっており、変更する際、原材料にも変更が加えられたとみるべきでしょう。

ブレンドプロテインの名称であるNatural Protein Optimizerもサプリンクス本店での解説とパッケージの原材料の内容に違いがある点を指摘しましたが、同じ理由だと思ってよいかもしれません。

糖質とタンパク質の比率は「2:1」でした。

栄養成分表示

栄養成分表示

これまで取り上げたアルプロンのウェイトアッププロテインやチャンピオンのヘビーウェイトゲイナー900での比率はおおよそ「糖質:タンパク質=3:1」であることを示しましたが、こちらの場合は「2:1」となっていました。「Dietary fiber(食物繊維)」も含んだ計算をしたため、その部分を省くと糖質の割合は少なめになるといえます。

アミノ酸プロフィールについて

アミノ酸プロフィール
付属スプーン2杯分(84g)

付属スプーンです。
チャンピオンとほぼ同じです。

パッケージにはアミノ酸プロフィールも書かれていますが、付属スプーン2杯分(84g)あたりの計算になります。チャンピオンのヘビーウェイトゲイナー900の付属スプーンと比較したところ、色違いではありますが形は同じでした。以下、アミノ酸プロフィールをヘビーウェイトゲイナー900と比較する形で見てみたいと思います。

アミノ酸 和名 ヘビーウェイトゲイナー900 ナチュラルゲイナー
33gあたり 84gあたり
Alanine アラニン 1.620g 1180mg
Arginine アルギニン 0.772g 590mg
Aspartic acid アスパラギン酸 2.823g 2810mg
Cysteine シスチン 0.592g 320mg
Glutamic acid グルタミン酸 4.723g 4410mg
Glycine グリシン 0.624g 590mg
Histadine ヒスチジン 0.576g 370mg
Isoleucine イソロシン 0.069g 1630mg
Leucine ロイシン 3.103g 2400mg
Lysine リジン 2.846g 2270mg
Methionine メチオニン 0.682g 490mg
Phenylalanine フェニルアラニン 1.039g 780mg
Proline プロリン 2.170g 1570mg
Serine セリン 1.736g 1340mg
Threonine トリプトファン 0.367g 560mg
Tryptophan トレオニン 1.007g 650mg
Valine バリン 1.680g 1530mg

実際に飲んでみました。

飲み方についての解説

飲み方については次のように解説しています。

Suggested Usage: Add one serving(2 scoops)to 8-10 ounces of water, skim milk, whole milk or your faverite beverage and shake for 30-60 seconds. Use a serving once a day, or 1/2 of a serving 2 times a day.

付属スプーンを2杯とあるので、この分量だと「84g」、栄養成分表示から摂取するたんぱく質の量は「25g」となります。このプロテインだけで1日の摂取目安量を満たしたいのであれば、合計6杯分必要になります。おやつ感覚でも飲めるので、1日3~5回に分けて飲むのも一つの手です。

カゼインが含まれているので、溶けにくいかもと思われる人もいると思いますが、溶けやすい加工をしているのでじっくりとシェイクすれば、何とか溶けていきます。30~60秒と書かれていますが、まさにその通りだと言えます。

水で飲んでみました。

水を混ぜます。

混ぜた後。

付属スプーン1杯分と水を混ぜてみました。水は少し多めだったので溶けにくいということはなく、泡も立つようなことはありませんでした。味に関しては薄甘い感じがするチョコレートといった感じで、更に突っ込んで言うなら、チャンピオンやオプティマムよりは味が薄く、かといってビーレジェンド激甘チョコ風味よりは濃いといった感じになりそうです。

牛乳で飲んでみました。

付属スプーン2杯です。

同じ量にしました。

少しだけ溶け残りが。

泡はなし。

水だと物足りない感じがしましたが、牛乳だとおいしく飲めました。混ぜる際は粉末の量と牛乳の量をほぼ同じくらいにしましたが、ちょっと溶けにくくなるため、シェイクする回数を多めにしないと全て溶かすことができないという印象を受けました。カゼインプロテインも含まれているので、その影響もあるかもしれません(カゼインは溶けにくい)。

写真ではほんの少しだけ溶け残りがありますが、粉末と牛乳の量を同じくらいにするとこのような感じになるようです。泡はそれほど立たないので飲みやすいです。

HMBを混ぜてみました。

アルプロンのHMBです。

アルプロンのHMBを混ぜてみましたが、水で混ぜたものだと少し苦みが出てきます。ところが牛乳で混ぜたものだとあまり苦みを感じませんでした。もしも粉末のHMBを混ぜるのであれば、牛乳で混ぜたものと一緒に飲んだ方が良いかもしれません。

その他・感想 …なぜか粉が跳ねる…

見えませんが、粉が跳ねています。

付属スプーンを使って粉をすくい上げてみて驚いたのは、スプーンにくっついた粉末がピョンピョン跳ねるという点でした。どうも静電気の影響だと思い、付属スプーンを洗ってからもう一度すくい出したものの、相変わらずくっついた粉が跳ねてしまいました。なぜこうなるのかはわかりませんが、使う度に粉をまき散らしてしまうのはなんともいい気分にならないものです。

【 サプリンクス本店の割引クーポン(10%引き)が利用可能です。】
クーポンコードは「CJ2E-EG6G」です。
有効期限は「2018/01/05 23:59」まで。

10,000円以上の購入で送料無料になります(画面で確認可)。
もし、10,000円分購入すると9,000円になります。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。