安くておすすめの「L-アルギニン」とその効果・摂取量について | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

アルギニン 安い 効果 摂取量

安くておすすめの「L-アルギニン」とその効果・摂取量について

筋トレや子供の成長、女性であれば美容などに効果的だとされる「L-アルギニン」ですが、実際のところはどうなのかを調べてみました。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所の情報を参考にしてみる。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所の公式サイトで公開されている情報を基にアルギニンの効果をざっくりとまとめてみました。科学的な根拠に基づくものなので、その効果を調べる上で非常に参考になります。

「総合評価」にある「有効性」の箇所を見てみると、いわゆる「血管拡張作用」とも言うべき作用が確認できます。勃起不全にも有効性があるとしています。

スポーツ中の効果については実験結果も3つ記載されていますが、特に効果があるような感じではないようです。

アルギニンの安全性について、摂取しない方が良い人をまとめました。

  • 喘息患者(アルギニンの吸入は気道炎症を増大することがある
  • 肝硬変患者(アルギニン含有の点滴はNG)
  • ヘルペス患者(ヘルペスウイルスは増殖の際にアルギニンを必要とする)
  • 心筋梗塞の既往歴を持つ者(実際に飲ませたら死亡率が上がったとのこと)
  • 妊婦(長期摂取、および授乳中における安全性についてデータ無し)

サプリンクス本店で販売されているNOW Foods社のアルギニンでは、摂取前に医師に相談すべき方として上と同様のことを記していました。店舗によっては書いていないところがあります。何か気になるところがあるようなら、医師に相談するのが一番良いでしょう。

協和発酵バイオの健康成分研究所の情報を参考にしてみる。

協和発酵バイオの健康成分研究所でもアルギニンの効果について記載してあったので、前掲の内容を補う形で参考にしたいと思います。

  • エネルギーを生み出すTCAサイクル(クエン酸回路)を活性化
  • 夜間の成長ホルモン分泌が高くなる
  • 免疫力を高める作用がある

アメリカでは運動前にアルギニンを摂取するのが常識になっているようで、先ほどの実験結果とは大きく異なる状況が確認できます。また、アルギニンの摂取(摂取量- Arg 6.0g、Orn 4.4g / 日)による成長ホルモンの影響で筋力アップが図れるという実験結果もあります。

「成長ホルモン」の分泌が与える効果について簡単に…

アルギニンと成長ホルモンの関係が分かりましたが、そもそも成長ホルモンが与える役割とはどのようなものか調べてみました。

四谷メディカルサロン「成長ホルモン」の公式サイトが非常にわかりやすかったので、そこに記載されている内容を簡単に紹介します。

  • 子供の身長が伸びる(しかし、ケースバイケース)
  • 成長ホルモンで気力、体力、容姿が若返る(いわゆる「アンチエイジング」)
  • 女性の場合だと、バストアップと不妊治療が期待できる
  • 筋肉や心筋収縮力に対する作用は強いため、スポーツ競技に効果大である

ざっくりとまとめましたが、アルギニンに関する記事もあり、また、独自の研究により導き出した結論(1回の投与で小児、学童で0.9~3g、思春期になると3~6g必要)もありました(以下引用、黄色は当サイトによる)。

以上の研究結果から、子供の背を伸ばす医療、アンチエイジング医療の両者に利用できるのは、他の成分を配合しないアルギニン単独投与である、と最終判定されました。

フリーフォームが良いという結論です。シトルリンで中和させてあるものがありますが、好ましい方法でないことがわかります。アルギニンは強アルカリ性であるため、グレープフルーツジュースなどの酸性飲料(クエン酸も可)と合わせて飲むのが良いとされています。

アルギニンが使われているもの

身近なスポーツドリンクにも含まれています。

エネルゲンの 原材料名と成分表。

エネルゲンの
原材料名と成分表。

アミノバリューの裏側。

アミノバリューの裏側。

なかなか馴染みのないものですが、スポーツドリンクにも含まれています。大塚製薬の「エネルゲン」や「アミノバリュー」はアルギニンだけでなく、果糖クエン酸を組み合わせることで持久力を要するスポーツに最適なスポーツドリンクとして販売されています。

「翼を授ける」エナジードリンクのレッドブルにも使われています。

自販機に行くと200円位で買えるレッドブルにも使われています。しかし、意外と知られていませんが、レッドブルにアルギニンが使われているのは日本だけのようで、海外ではアルギニンではなく、タウリンが使われています。レッドブルよりもリポDの方が「翼を授ける力」がありそうな感じがしてしまいます。

その他・アルギニンが使われているもの

国産のアルギニンは薬局では手に入れにくいですが、通販サイトでいくつか販売されています。男性の精力剤としてのものであったり、子供の身長を伸ばすためのものとして販売されていたりもします。

商品名 通常価格 定期購入(税別) 含有量
クラチャイダム王 2箱60粒30日分
10,500円(税別)
初回:4,200円
2回目以降:8,400円
送料無料
1480mg/100g
のびのび 1日1杯1か月分
2,980円(税込)
10%off
送料無料
記載なし

クラチャイダムマカは国内だとアミノ酸プロフィールが高いものとして宣伝されていることが多いですが、アルギニンを摂取するためにこういったものを選ぶのも一つの手だといえます。

プロテインにはどのくらい含まれているのか?

アルプロンWPIプロテイン 楽天サイトより

アルプロンWPIプロテイン
楽天サイトより

ビーレジェンドWPI 公式サイトより

ビーレジェンドWPI
公式サイトより

アルギニンを含むプロテインも複数あります。どれも調べてみるとアミノ酸プロフィールにそれほど差はありませんが、平均してみると100gあたり2000mg前後含まれているのがほとんどのようです。多めに摂っておくに越したことはないものですし、人によってはちょっと足りないかも…と感じる人もいるかもしれません。

プロテインに関しては、国産であるアルプロンとビーレジェンドをお奨めしています。

他にもミールリプレイスメントに多く使われているものがあります。Kentaiの「MRP PRO」にはアルギニンが約3,000mg、更にグルタミンクレアチンも含まれています。

NOW foodsはとにかく安い!

サプリンクス本店で販売されているアルギニンサプリの中で一番人気なのはアメリカ・NOW foodsのアルギニンで価格も非常に安く、口コミ件数も非常に多いです。国産のアルギニンサプリの値段と比較しましたが、NOWFoodsのものが一番安かったです。上のアルギニンは中和されていない(いわゆる「フリーフォーム」)ものです。

NOW foodsはアメリカのサプリメントですが、国産の場合だと歴史の古い協和発酵バイオのアルギニンがあります。クラチャイダムやマカの他、すっぽんなどもアルギニンの量が多いようなので調べてみるのも良いでしょう。

エネルゲン・アミノバリューはそれぞれ100~200円位で購入していますが、NOWFOODSのアルギニンは1粒7円ほどになります。

1日4粒飲むとして1か月の総額は840円で済みます。アルギニンだけを重点的に摂取したいのなら、これが一番でしょう。可能であれば「シトルリン」や「オルニチン」も併せて摂取しておきたいところです。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。