コーヒーが筋トレ(ワークアウト)に与える影響について調べてみた。 | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

筋トレ コーヒー 効果 ワークアウト

コーヒーが筋トレ(ワークアウト)に与える影響について調べてみた。

コーヒーが筋トレに与える影響について調べてみました。雑誌でも取り上げられたものもありますし、最新の発表もあります。カフェインを含むコーヒーとそうでないコーヒーで比較したもの、筋トレ前と後ではどう違いがあるかなど、興味深いものが多いです。

なお、コーヒーの効果についてはまだまだ未解明な部分もあるので、新しい情報が出たら随時掲載していきたいと思います。チョコレートに関する記事もありますので、そちらもご参考下さい。

体脂肪の燃焼に拍車をかける。『アイアンマン 2016 No.311』より

『アイアンマン 2016 No.310』では「ワークアウト後のコーヒー」というテーマで、ワークアウト後のカフェインは、筋トレによる運動後の体脂肪燃焼に拍車をかけるという実験結果がえられたのだそうだ。と要約しています。実際の論文は以下になります。

Effect of acute caffeine ingestion on EPOC after intense resistance training.(J Sports Med Phys Fitness. 2011 Mar;)

体脂肪燃焼というと魅力を感じてしまう方もいるかもしれませんが、かなりわずかな量のようです。それでも減らないよりはマシかもしれません。

カフェイン抜きのコーヒーが減量に役立つ。『アイアンマン 2016 No.310』

『アイアンマン 2016 No.310』では、「カフェイン抜きのコーヒーが減量に役立つ」として紹介しています。やり方は被験者にそれぞれ摂取してもらい、空腹感の程度、そして満腹ホルモン分泌量を測定するというものです。

結果はカフェイン抜きのコーヒーが良いということで、なぜそのようになるのかはわかっていませんが、コーヒーに含まれるカフェイン以外の成分が関与していると考えられています。

Coffee, hunger, and peptide YY.(J Am Coll Nutr. 2012 Jun)

カフェインは筋肉痛の発生を遅らせる。

こちらはカフェインの摂取と筋肉痛(muscle soreness)の関係についての研究発表です。被験者は日頃からカフェインをそれほど摂取しない9人の男性(Nine low-caffeine-consuming males)とあり、行ったトレーニングに関してはbicep curls on a preacher benchとあります。座ってダンベルカールをする運動だと思えば良いです。摂取するタイミングは筋トレの1時間前です。評価に関しては次のように書いてあります。

Caffeine ingestion resulted in significantly (p ≤ 0.05) lower levels of soreness on day 2 and day 3 compared with placebo. Total repetitions in the final set of exercise increased with caffeine ingestion compared with placebo.

事前のカフェイン摂取がワークアウト(筋トレ)において非常に有効であることが分かります。実際の論文は以下になります。

The effect of caffeine ingestion on delayed onset muscle soreness.(J Strength Cond Res. 2013 Nov;)

実際に筋トレを行う前にコーヒー飲んでいる方もいるようですが、やはり缶コーヒーは避けるようにした方が良いようです。

その他、肯定的なもの

他にも以下の研究発表があります。これはカフェイン入りのコーヒーとカフェインを抜いたコーヒーに無水カフェイン(decaffeinated coffee plus anhydrous caffeine)を入れたものでその効果を比較したものです。Resistance Exerciseはスクワットやベンチプレスなどの運動になります。

Coffee and decaffeinated coffee plus caffeine have the ability to improve performance during a resistance exercise protocol, although possibly not over multiple bouts.

実際の論文は以下になります。カフェインを抜いたコーヒーに無水カフェインを入れる…というのは普通のコーヒーになるのとあまり変わらない気がします。

Effect Of Coffee And Caffeine Ingestion On Resistance Exercise Performance.(J Strength Cond Res. 2016 Feb 12.)

否定的なものもある。

こちらは否定的なものですが、コーヒーと無水カフェインではどのような違いがあるのかを調べたものもありました。この場合はstrength and sprint performanceで違いですが、Neither COF nor CAF improved strength outcomes more than PLA, while both groups attenuated sprint power reductions to a similar degree.としています(COFはコーヒー、CAFはカフェイン、PLAはプラシーボ飲料のこと)。どちらも効果がないことを示すものでした。

Effects of coffee and caffeine anhydrous on strength and sprint performance.(Eur J Sport Sci. 2016 Sep;)

カフェインのサプリメントも販売されています。

コーヒー自体が良いとするものや、そうでないもの様々ですが、飲み過ぎると体には良くないのでその点はしっかり頭に入れておいた方が良いでしょう。コーヒーに含まれるカフェインに関してはサプリメントで販売しているところもあります。NOWfoodsは当サイトでもお馴染みですが、調べてみたところ取り扱いがありませんでした。タウリンと同様、購入に制限がありそうな感じはしましたが、そんなこともないようです。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。