「アミノバリュー」の粉末を購入してみました。 | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

アミノバリュー 効果 粉末

「アミノバリュー」の粉末を購入してみました。

大塚製薬のBCAAサプリメントとして知られる「アミノバリュー」を購入してみました。「AskDoctors」医師の確認済み商品として宣伝されており、実際に使用した89%の医師がこの商品を奨めたいと評価しています。バラ売りでしたので236円と割高になっています。

バラ売りされてました。

バラ売りされてました。

原材料名と栄養成分表示

1Lの粉末でBCAA量は8,000mgとスポーツドリンク粉末の中では最多

パッケージの裏側。

パッケージの裏側。

糖質に関してはマルトデキストリン(以下、MD)は含まれておらず、果糖と砂糖がベースになっています。

1L用の粉末でのBCAA量は、お決まりの比率である「バリン:ロイシン:イソロシン=1:2:1」で計8,000mgと、それにプラスしてアルギニンが2000mg、クエン酸が5000mgとなっています。

更に500mlの場合はその1/4(BCAA:2000mg・アルギニン:500mg・クエン酸は記載無し)で、味の素の「アミノバイタルウォーター」よりも量は多くなっています。なぜこれほど量が多いのか気になったので、公式サイトを見てみることにしました。

「89%の医師がこの商品を奨めたい」と回答している。

「アミノバリュー」の公式サイトを見てみたところ、医師が奨めたい商品として一定の評価を得ていることがわかりました。しかも、BCAAを使った実験では運動30分前~運動中にBCAAを2000mg以上摂取する必要があると結論付けています。公式サイトには動画の解説もあり、わかりやすいです。

大塚製薬佐賀栄養製品研究所で実験が行われたとのことですが、この研究所が開発に携わった主な製品には「エネルゲン」も含まれていました。

実際に飲んでみました。

1リットルで飲んでみる。

1リットルで飲んでみる。

アミノバリューは1L用と500ml用がありますが、1L用をスクイズボトルで飲んでみました。大型ペットボトルの約半分の量になります。

粉末を入れます。

粉末を入れます。

混ぜた後の様子。

混ぜた後の様子。

混ぜた後の様子を見るとわかりますが、粉末が溶けきれずに浮いています。直後のものなので仕方がないでしょう。時間が経てばなくなります。「ビーレジェンドMD」と同じような感じですが、スクイズボトルであればダマそのものが口に入ることはないので気にする必要はないでしょう。口当たりも悪くなく、おいしいです。

プロテインと一緒に混ぜてみる。

ウェイトアッププロテイン + アミノバリュー

ウェイトアッププロテイン

アミノバリュー

クエン酸が含まれていますが、それほど酸っぱくはありませんでした。アルプロンの「ウェイトアッププロテイン」を選びましたが、ビーレジェンドであれば、すっきリンゴ風味や南国パイン風味などフルーツベースの風味であればどれでも合うと思います。

「1:1」の比率です。

「1:1」の比率です。

相変わらずの泡の量。

相変わらずの泡の量。

ウェイトアッププロテインと混ぜた時の泡の量は相変わらずですが、味に関しては問題ないと思います。1L用なので筋トレや運動した後の余った分でプロテインを混ぜるのが良いかもしれません。

よくよく考えると、1LでBCAA:8,000mgというのはすごい量である。

オプティマムのBCAAカプセル。

さすがにBCAAカプセルを16粒も飲むのは大変。

1L分でBCAAの量が8,000mgというのはよくよく考えてみるとかなりの量です。他のBCAAサプリでオプティマムの「BCAA 1000 caps」があります。2粒で1gのBCAAが含まれているものなのですが、これでBCAAを8,000mgも飲もうとすると、カプセルを16粒も飲まないといけない計算になります。正直やってられないでしょう。

しかもBCAAというのは溶けにくいものが多く、それに対し、このアミノバリューは溶けやすくなっているので、その点を考えて比較してもかなり優秀なスポーツドリンクであると思える部分があります。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。