アルプロンのHMBを購入してみました。 | 太りたい人にオススメのプロテインとマルトデキストリンの効果

アルプロン hmb 飲み方

アルプロンのHMBを購入してみました。

商品名 1回分 容量 価格 形状 製造元
アルプロンHMB 84円/2g 100g 4,200円 粉末 米国・MIT社
ビーレジェンドHMB 55円/1.5g 135g 4,980円 粉末・味付き 記載なし
オプティマム 166円/3粒(3g) 90粒 4,980円 カプセル・大 米国・MIT社
Nutrakey 99円/3粒(1g) 90粒 2,980円 カプセル・小 記載なし
NOW foods 99円/3g 90g 2,980円 粉末 米国・MIT社
プラチナミルクforパワー 粉末 記載なし

国産・アルプロンのHMB

アルプロンのHMBが安売りしていたので試しに購入してみました。割引価格で2,940円でした。ここまで安くなっていると買わなきゃ損といった感じで購入したのを覚えています。

パッケージには1回分の使用量が「2gとなっています。それですると合計50回分ということになり、今回は1回分が約58円位で購入できたことになります。

原材料一覧

パッケージの裏側

栄養成分表示について

栄養成分表示を見ていて、興味深いのは「1回2g当り」に含まれるHMBの量が「1.5g」である点です。最近、国産のHMBで様々なものが販売されていますが、それらの1回分のHMBを調べてみると、1.5gになっています。

実際のHMBの量が「1.5g」ということは、1パック100gあたりに含まれるHMBの量は約75gということになります。

飲み方について

飲み方については次のような解説がありました。

1回につき、ティースプーン1杯(約2g)を目安として水などと一緒にお召し上がりください。

また、飲むタイミングに関しては3つ紹介してあります。

  • 朝食時:おすすめ度3
  • 就寝時:おすすめ度2
  • トレーニング直後:おすすめ度1

一番のおすすめは「朝食時」である点は注目したいところです。これには理由があって、基本的に眠っている間というのはカタボリックが進んでいる状況であることを念頭に置いたものになっていると思います。

アルプロンHMBのここがスゴイところ

アルプロンの楽天ページを確認しましたが、このHMBはアメリカ産でMetabolic Technologies Inc.(MTI社)によって開発されているものです。HMBというとどれも同じように見えてしまいますが、不純物が混じっているものだと筋肉損傷を和らげることがないということが分かっているようです。

このHMBを使っているのは日本だと今のところアルプロンだけのようで、外国産だとオプティマムやNOW foodsなどがあります。

アルプロンHMBの奇妙なところ

先ほどパッケージの裏側をざっくりと紹介しましたが、アルプロンHMBの楽天サイトを見ると飲むタイミングのおすすめ度が逆になっています。

  • おすすめ度3:トレーニング直後
  • おすすめ度2:就寝前
  • おすすめ度1:朝食時

ずいぶんちぐはぐになっていますが、細かいことは気にしないでおいて良いでしょう。あと、袋はジッパータイプになっていますが、ちゃんと閉まらないのは難点でした。

実際に飲んでみた。

ミールリプレイスメントと混ぜてみました。

中の様子。

プロテインと混ぜる。

混ぜた後。

無味無臭ですが、粉末を口に入れると苦味を感じます。口直しが必要に感じるほど苦いので、少し味が濃い目のプロテインで混ぜた方が飲みやすいと感じました。まずはトータルソイ・ミールリプレイスメントで試してみました。製造元が同じNOW foodsのHMBパウダーでは牛乳で試しています。

水で混ぜてみましたが、チョコレートの味が濃いにもかかわらず、僅かに苦みを感じてしまいました。

粉末があまりに苦いので思い切って緑茶やほうじ茶に混ぜてみたのですが、ほうじ茶だと違和感なく飲める感じがしました。なお、温かいお湯で混ぜると粉末がきれいに溶けていきます

付属スプーンはついていませんでした。

MRM・ナチュラルゲイナー(チョコレート風味)と混ぜてみました。

アルプロンのHMBです。

MRMと言えば、BCAAが格安で購入できることで有名ですが、ウェイトゲイナーもあったので購入してみました。水で飲むとちょっと薄甘い感じでしたが、甘味料に関しては人工甘味料ではなく、天然甘味料を使っており、他にも消化酵素を取り入れているのが売りになります。

かつて「オールナチュラルゲイナー」という名称で販売されていましたが、現在は「ナチュラルゲイナー」という名前になっているようで、原材料も一部変更されています。

興味深いことに、水で混ぜたもので飲むと苦みを僅かに感じてしまうのですが、牛乳で混ぜたもので飲むと、あまり苦みを感じることなく飲むことができました

このことから、味なし粉末HMBをプロテインと合わせて飲む際は、可能な限り牛乳で飲んだ方がおいしく飲めるような気がします。



おすすめのプロテイン・ビーレジェンドシリーズ

国産のプロテインで特におすすめのものです。それぞれの商品に個別のページが設けられていますが、 その商品だけしか買えないということはなく(カゼインであればカゼインしか買えないわけではない)、全ての商品がお選び頂けます。

また、商品合計が7,000円以上だと送料・代引手数料が無料になります。

たま~に商品合計が6,980円という非常に惜しい買い物をされる方がいますが、これだと送料・代引手数料が無料にならないのでご注意ください。